Category Archives: thoughts

[thoughts] ルーチンと古いスーツ

Pocket

私的なことだけど、ここ最近は非ルーチンの仕事が増えた。
そのせいか、金曜日になるとぐったりする。

ルーチンと仕事

思えば、仕事には、特に勤めびとにはルーチン作業が沢山ある。
日、週、四半期、半年、一年といった、ある時間的な区切りで周期的に同じタスクを繰り返している。

これは何のためか。
理由はいろいろあるだろう。
けど、ここで言いたいのは一つの理由だけ。
すなわち、ルーチンは認知の負荷を低く抑えるためだろう、ということ。

ルーチン、つまり定形のタスクがなくて、毎日が非日常だなんて、詩人でもないかぎり願い下げだろう。
少ない労力で一定以上のアウトプットを継続的に出すには、仕事を定形タスクにしなければやってられない。

だから、逆説的に言えば、仕事って非定形のタスクを定形に変えることだし、労力、集中力を可能な限りセーブし、ここ一番の仕事にドカッと振り向ける、ということだ。

小さいところではメールの書き方のような数十秒レベルのタスクから、大きなところでは四半期ごと、一年ごとのプロジェクトの進め方まで、さまざまなタイムフレームで定型化したルーチン作業をしているはずだ。

無意識領域に追いやられた仕事たち

しかしここで書きたいのは、むしろルーチンのことである。
これらのタスクは定形化されてしまっている。
極端な話、簡単な作業レベルのルーチンであれば頭で他のことを考えていても出来てしまう。
もちろん、プロジェクトレベルの大きなタスクだって、疑いもせず当然のこととして前例にしたがって作業を進めるだろう。

これらのルーチンは意識の地平に登ることはない。
むしろそのためにやっているのだから。

 

状況変わってないか?

しかし。しかしである。
この世の中、状況だけはどんどん変わる。
そのルーチンが、実は非効率になっていたり、そもそも不要になっていることだって、あるのだ。

ところが前述のように、これらのルーチンが意識されることはない。
したがって再評価のタイミングは、無いかごくごく限られるんである。

 

ダメなルーチンに気がつくとき

再評価のタイミングはたぶん3つ。

1. 定期的に定形業務を棚卸しし、再評価する。
2. 手遅れになって気がつく。
3. 他者からの指摘。

1.の出来る人はこの先を読む必要がありません。お帰りください。
2.で気づくのは避けたいところ。
そこで3.である。
これを大事にしたいと思うんである。

他人からの指摘を大事にしようNE!(当たり前か?)

他人からの指摘は大事だなんて、これ以上当たり前の話はない。
ただここまで連々、書いたのは目的がある。

ルーチンについて他人から指摘を受けた時、たとえば「なんでそんなことやってるの?」とか、「それって意味あるの?」
と言われた時、俺達は通常、どう反応するだろうか。
そこに狼狽はないだろうか。
そして必要な理由を、実はその場で探しながら相手にまくし立てたり、しないだろうか。

俺はしょっちゅうだ。

なぜか。
先述の通り、ルーチンなんて無意識でやってるからもう妥当性なんて忘却の彼方なんである。
もうそこには「だって毎回やってたから」以上の意味はないんである。
だから指摘されたら慌てるのも、当然なんである。

古いスーツのように

俺はできるだけこう思うことにした。
ルーチンとは古いスーツだと。

つまり、他人からの指摘は、いわば「意識もせず同じスーツを何年も着てたら、友人から『君のスーツ、パンツがダボダボだ。いまどき誰もそんなの穿いてないぞ』と言われた」ようなものだと。

もっと極端に「何年も同じジーンズ穿いてたら、友人から『そのケミカルウォッシュ(若い人はググってくれ)もうやめなよ』と言われた」という例えのほうが恥ずかしさが伝わるだろうか。

とにかく、そういう指摘を受けたら、赤面して家にダッシュで帰って古いスーツ、古いジーンズは捨ててしまうのがよい。
ルーチンもそうしよう。

そして指摘してくれた人を大事にしよう。

 

No tags for this post.

携帯電話はインフラか?

Pocket

 

携帯電話業界にいると、「我々インフラ業者は」という言説がよく用いられるように思う。

たしかに、携帯電話はもはや私たちの生活になくてはならないもの、かもしれない。
でも、「携帯電話はインフラである」と言ったときに、「はいそうですね」とは素直に頷けない違和感が私の中にある。
違和感の原因はなんだろう?
端的に言えば、インフラとしてすぐに頭に浮かぶ電気上下水道ガスと、携帯電話を同列に扱う据わりの悪さだ。
モヤモヤとしたまま、あれやこれや調べ考えた事をまとめる。

インフラってなんだ?

そもそもインフラとは何であろうか。Wikipediaによれば社会や企業の運用に必要な物理的かつ組織的な構造体、または経済活動に必要なサービス、施設を指し、一般的には道路や橋、電気上下水道、電話を指す、とのこと。

確かに、Wikipediaに示される定義に沿えば、電話も、ひいては携帯電話もインフラだろう。企業運用や経済活動には必須だから。

モヤモヤの正体

しかし私が「インフラ」から受ける印象は、人間が生活するにあたって必須のもの、というものだ。端的に言えば電気ガス水道。そこが間違ってると言えばそうなんだが、結局のところ私がモヤモヤしているのは、果たして携帯電話は電気ガス水道と同じように生活に必須のものかどうかということ。

じゃあそれで追っかけてみよう。

NeedsかWantsか

マーケティング用語にNeedsとWantsという便利な分類がある。(もう一つdemandsがあるけど割愛)

Needsとは、それなしでは人が生きられないもので、放っておいても人が買うもの。
Wantsとは、必須ではないけどあったらいいもの。

この分類で電気ガス水道、携帯電話を比べてみよう。

水道はNeedsでしょう。
ガスは?最近は電気で代替できるけれども、暖房、調理(、照明)でまあNeeds。
電気は?照明、冷暖房、調理、そのほか電化製品でNeedsでしょう。

では携帯電話は?難しいところであります。加えて携帯電話には電話という側面と、モバイルインターネット/ブロードバンドという側面があるし。

しかしここでNeedsインフラである電気で考えてみる。電気をNeedsたらしめているものは何かといえば、私たちが深く依存している数々の電化製品のためである。

電気ガス水道の歴史

ローマ時代からあった水道と比べて、電気、ガスは比較的新しいインフラである。

これまたWikipediaで調べてみたら、ガスは1810年頃、電気は1870年頃からインフラとしての利用が始まったようだ。

ガスは当初、照明として利用されたが、燃料だけに取り扱いが難しく、電気に代替された。

電気も最初は照明で使われたのだが、こちらは抜群に取り回しが効くエネルギーである。照明以外にもあらゆる分野で使われるようになった。

携帯電話の活用は始まったばかり?

電気の歴史を眺めてみると、携帯電話はWantsからNeedsの変わり目にいるように感じる。

携帯電話がモバイルインターネットになって、4Gでモバイルブロードバンドになり、電話以外での活用が始まったばかり。あと何年かして、携帯電話システムの上でいろんなサービスが花開くと、私もすっきり「はい。携帯電話はインフラです」と言えるようになるのだろうと思う。

しかし携帯電話がインフラになるには大きな障害があるように思う。有り体に言えば高すぎるように思う。

インフラ支出比較

インフラ支出

これは各家庭が電気、ガス、上下水道、通信に月々いくら払っているかを示す。

総世帯ではまだまだ電気が優勢だが、4人家族を見ると\15,000を超えてくる。高い。

しかし「通信」なんてくくられてるとよく分からん。

いろいろ調べてみると、移動電話通資料として月々どれだけ払っているかを世帯主年齢別かつ推移で示す統計があった。それがこちら。
月額推移

これを見ると60歳の上と下でくっきりと分かれていて(この強烈な落差には興味が湧きますな)、60歳未満が世帯主の家庭では携帯電話料金として月々1万円超を払っていることが分かる。

安価さもインフラの定義じゃないだろうか。

こういった統計をつらつら見るにですね、まだまだ携帯電話料金てすごく高いのではないかと思うのだ。

モバイルブロードバンドとしてほんのわずかしか活用できてないのに、月々1万超ですよ。電気なんてあんなに使えて1万弱。仮に電気代がいまの3倍だったらどうだろうか。

言わずもがな、携帯電話はまだまだ新しく、過渡的な時期だと思う。

しかし。少なくとも今の電気代くらいに料金をそれほど気にせず使えるようになった時こそ、携帯電話はNeedsという意味のインフラになるんじゃないだろうかと思った。

 

統計は下記を参照した。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/nen/index.htm
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/kojin02.html

 

No tags for this post.

QCサークルと神話

Pocket

 

QCサークルというのをご存知だろうか。
QCとはQuality Controlの略。
職場を共にする少人数グループで行う品質管理活動のこと。有り体に言えばトヨタのカイゼンである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/QCサークル
http://www.juse.or.jp/qc/

良い事例については共有し、他の職場でも活用してもらいたい、というのは会社として当然のこと。そこで活動結果の発表会が催される事になる。なんと全国大会もあるのですよ。

私の勤める会社でもQCサークルがあり(どちらかといえばQCサークルは製造業向けで私の会社にはややそぐわない気もするのだが)、活動結果の発表会もある。

で、私はこの発表会が大嫌いなのであった。
もう少し詳しく言うと、発表会で一般的なフォーマットが嫌いなのだ。

そのフォーマットとは。
たとえばここを見てほしいが、まずグループや職場の紹介から始まるのである。
「誰々と誰々がいて、彼は気は優しくて力持ちです」
「とても楽しい職場です」
次に活動のテーマ選定をどう選んだか。
それから目標設定、現状把握。
いつまで経っても結論に至らないのである。

いま流行りのロジカルシンキングで言えば、例えばまず最初に「これこれの問題がありましたが、改善活動の結果、このような対策を講じてこれこれの効果を得ました。改善活動の内容について説明いたします」と言うべきだろう。
そう考える私にとっては、改善活動の事例発表を聞くのは苦痛以外の何物でもない。

が。
あるときふと、これは敢えてやっているんじゃないだろうか、という疑念が湧いた。
端的に言えば、事例発表会は物語の共有じゃないか、ということ。

人間がものごとを認知する方法には二つのモードがある、と言われる。
ブルナーという人が言い出したことらしいが、一つは論理モード(Paradigmatic Mode)であり、もうひとつは、ストーリーモード(Narrative Mode)である。

前者はすなわちロジカルシンキング手法であり、後者は物語だ。
効率性で言えば断然に前者だろう。物語だなんてまどろっこしいこと言ってられるか。

しかしドナルド・ノーマンは「人を賢くする道具」で、以下のように述べる。

「物語には,形式的な解決手段が置き去りにしてしまう要素を的確に捉えてくれる素晴らしい能力がある。論理は一般化しようとする。結論を特定の文脈から切り離したり,主観的な感情に左右されないようにしようとするのである。物語は文脈を捉え,感情を捉える。論理は一般化し,物語は特殊化する。論理を使えば,文脈に依存しない凡庸な結論を導き出すことができる。物語を使えば,個人的な視点でその結論が関係者にどんなインパクトを与えるか理解できるのである。」

 

中原淳、金井壽宏の「リフレクティブ・マネジャー」ではこんな話が紹介されていた。
コピー機の修理をする部隊を調査した。学びには何が一番役に立ったか。
なんとそれは、研修や技術書などではなく、同僚との他愛もないおしゃべりだったという。
「先日、どこどこのこんな故障をこのようにして切り抜けた」
「こういう操作をしたらひどい目にあった」
といった何気ない成功談、失敗談から最も多く学んだというのである。

物語で認知する、という機能が私たちに備わっていることは、何千年も残る神話が証明している。
そして21世紀になった今でも、その機能を利用した大きな大きな商業装置がある。
ハリウッド映画である。

大塚英志の「ストーリーメーカー」では、多くのハリウッド映画が神話の形式に則っていることが示される。

有名どころではスターウォーズがそうだし、当該本ではバイオハザードを例題に詳しく説明している。
私が最近に観た映画で言えばTrue Gritがそうであった。

すなわち主人公は冒頭で何かを失い、異界へ赴き、そして結果を得るが、代償として何らかの「しるし」を身に負う(実際はもっといろいろなパーツがある)。

この形式に沿えば、私たちは全体を自然に認知できるし、「形式的な解決手段が置き去りにしてしまう要素を的確に捉え」(ノーマンの前述書)られるのだ。

翻って、退屈で仕方がなかったQCサークルの事例発表である。
今にして思えば巧妙に計算された結果の神話フォーマットなのではないか。
どうでしょう皆さん。

なお念のためノーマンの本から続けて引用する。
「物語が論理より優れているわけではない。また,論理が物語より優れているわけでもない。二つは別のものなのだ。各々が別の観点を採用しているだけである。」

 

No tags for this post.

マルコフとAnnaと不気味の谷

Pocket

人工無脳のアルゴリズムについて調べている。

趣味プログラムで人工無脳を書いているためだ。

概要を掴むにあたって、「人工無脳は考える」がとても役に立ったが、半世紀以上も前に考えられた「マルコフ連鎖」ほか、古いアルゴリズムが未だに有効であることに驚いた。

それはさておき。

人工無脳の方向性には大きく分けて二つあることが分かった。

一つはもちろん、人工無脳に完璧な会話をさせること。

二つめは、完璧過ぎず、かといって的はずれでもない、微妙な会話をさせることだ。

一つめの方向性の先には、人間に対しての「実用的な」サービスが考えられる。

前出のウェブサイトで例に挙げられているのは道先案内だし、実際の例としては、恐ろしく強まったIKEAのAnna様がいらっしゃる。

Anna様について、詳しくはこちらを参照してもらえればいいが、彼女がデビューしてから

それまで毎年20%ずつ増えていたコールセンターへの電話が、7%上昇に抑えられた。

とのこと。また、具体的な数字は挙げられていないがe-mailが格段に減ったともあるし、何人かは結婚を申し込んだともある。

ただ、現時点において、完璧な会話を実現するのはとても無理なので、状況や役割を限定して応答を十分に作り込み、その上で想定外のアクションに対してはあらかじめ当たり障りのない数種類の応答を用意しておき、そこからランダムに選ぶといった手段が取られている。

上記に挙げた例でも、このような仕組みが利用されている。

二つめの方向性としての、微妙な応答を狙うというのは、これは主に娯楽のためである。

こちらからの問いかけに対して、人工無脳の応答はときに頓珍漢で人を笑わせる。

この点に特化するのが二つめの方向性だ。

具体的にはゲーム「どこでもいっしょ」など。

一つめの方向性でわざわざ「実用性」と書いたのはこのため。

応答生成にはそれほど高い精度は求められないが、あまりに支離滅裂だと前衛的な詩どころか暗号のようになってしまって意味を為さないし、あまりに真っ当な応答だと面白くない。

人の予想する範囲の、少し外ぐらいが笑いどころで、このあたりのさじ加減が肝である。

と、ここまで考えて、不気味の谷のことを思い出した。

Wikipediaの不気味の谷現象の項を見てもらえばわかるが、

人間のロボットに対する感情的反応は、ロボットがその外観や動作においてより人間らしく作られるようになるにつれ、より好感的、共感的になっていくが、ある時点で突然強い嫌悪感に変わる。人間の外観や動作と見分けがつかなくなると再びより強い好感に転じ、人間と同じような親近感を覚えるようになる。

というもの。

人工無脳の二つめの方向性において一番おいしい部分が、ロボット/CGから受ける視覚情報の点では不気味の谷に当たる部分であるというのは、ちょっと面白いなと思った。

No tags for this post.

ニライカナイは二度行けない

Pocket

友人(mixi)が石垣島に行っているそうな。

しかも数回目らしい。羨ましい。

かくいう俺も高校生のころ石垣、西表島に行ったことがある。

飛行機から降りた瞬間、日本本土とは違った亜熱帯の気候に、同じ日本とは思えないと驚いたものだ。

沖縄にはニライカナイという伝承がある。はるか海の果てにある楽園のことだ。

沖縄にとっては、沖縄の外のどこかにニライカナイがあるのだろうが、本州から来た自分たちにとっては、八重山こそニライカナイであった。

南国特有の日差しの強さや、熱帯の色鮮やかな花々と海、土地の方の優しさが、そう思わせるのだが、三線の響きに悲しい響きがあると感じてしまうのはなぜだろうか。

当時の旅行でガイドをしてくださった方は、片腕が無かった。

ガイドの方に「戦争の話を、聞かせてください」と聞いてしまったのは、幼いゆえの無遠慮であったが、それでもガイドは「大きくなったら、教えてあげる」と優しく答えてくださった。

ニライカナイにはこんな話もある。

そこに行った人は、この世にこんな楽園があるのだろうかと思う。

そして当然、また来てみたいと思うのだが、果たして二度と行くことが出来ないのだと言う。

あれから何年も経って、俺は「大きくなった」のだが、結局八重山には行けないでいる。

No tags for this post.

シリコンバレーの神様とthe Oneと軍隊

Pocket

シリコンバレーでは、ヒエラルキーの頂点にソフトウェア産業従事者が君臨している」という話。

ここだけ見ると、日本の技術者と比べてなんたる違いか、と我が身を嘆きたくなるかもしれないが、実はこの高給取り達は、本当に神様のような人たちである。

と、いうのも、同Blogの前日の記事を見れば分かるが、給与は上がっても雇用は減っているという状況が一方にある。

つまり、超優秀な人を、各社が競うように雇っているのであり、ここで出てくる技術者というのは、その辺に掃いて捨てるほど居る技術者とは違うのだ。

俺はR&Dで言えばDで働く技術者であるが、俺のいるような開発部隊は軍隊に例えられる。

つまり、全員が開発目標に対して同じ認識を持ち、厳密な指揮系統の下、物量作戦的に突撃するものだからだ。

そのため、開発部隊の隊員は言ってみれば消耗品であって、コストが安ければ安いほど良い。いわゆる3kと言われるのも詮無いことだ。

俺の部隊でも正社員がこの4月で3人辞め、2人が戦線離脱した。部隊に常駐してくれている下請け会社の人員に至っては、もう何人消えていったか分からない。

それでも、日本語という障壁があるからこそ、インド、あるいは東欧等の安くて優秀な労働力から守られている方だと思う。(中国の労働力はここ最近、コストがガンガン上がってるそうな)

翻って、R&DのRでは、軍隊よりも一人の天才が求められる。

これも冒頭で記事を引用した同Blogのどこかに記事があったと思うが、頭一つ抜けた技術革新を生み出すのは、圧倒的な労働力ではなくて、一人の天才だから。

だからこそ、どんな大枚払ったって天才を探すのだ。

Matrixのモーフィアスやトリニティよろしくthe Oneを探すのである。

逆に超一流未満の技術者はいらない。なぜって海外に行けば安くて優秀な技術者がいくらでもいるから。

そんなわけで、シリコンバレーの給与水準を押し上げているのがRの人なのかDの人なのかはともかく、超優秀な人間であるのは間違いない。

シリコンバレーで神様のエンジニアは、本当に神様である。

いくら傍若無人に振る舞ったって、全然問題なし。当然。

No tags for this post.