Category Archives: misc.

QCサークルと神話

Pocket

 

QCサークルというのをご存知だろうか。
QCとはQuality Controlの略。
職場を共にする少人数グループで行う品質管理活動のこと。有り体に言えばトヨタのカイゼンである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/QCサークル
http://www.juse.or.jp/qc/

良い事例については共有し、他の職場でも活用してもらいたい、というのは会社として当然のこと。そこで活動結果の発表会が催される事になる。なんと全国大会もあるのですよ。

私の勤める会社でもQCサークルがあり(どちらかといえばQCサークルは製造業向けで私の会社にはややそぐわない気もするのだが)、活動結果の発表会もある。

で、私はこの発表会が大嫌いなのであった。
もう少し詳しく言うと、発表会で一般的なフォーマットが嫌いなのだ。

そのフォーマットとは。
たとえばここを見てほしいが、まずグループや職場の紹介から始まるのである。
「誰々と誰々がいて、彼は気は優しくて力持ちです」
「とても楽しい職場です」
次に活動のテーマ選定をどう選んだか。
それから目標設定、現状把握。
いつまで経っても結論に至らないのである。

いま流行りのロジカルシンキングで言えば、例えばまず最初に「これこれの問題がありましたが、改善活動の結果、このような対策を講じてこれこれの効果を得ました。改善活動の内容について説明いたします」と言うべきだろう。
そう考える私にとっては、改善活動の事例発表を聞くのは苦痛以外の何物でもない。

が。
あるときふと、これは敢えてやっているんじゃないだろうか、という疑念が湧いた。
端的に言えば、事例発表会は物語の共有じゃないか、ということ。

人間がものごとを認知する方法には二つのモードがある、と言われる。
ブルナーという人が言い出したことらしいが、一つは論理モード(Paradigmatic Mode)であり、もうひとつは、ストーリーモード(Narrative Mode)である。

前者はすなわちロジカルシンキング手法であり、後者は物語だ。
効率性で言えば断然に前者だろう。物語だなんてまどろっこしいこと言ってられるか。

しかしドナルド・ノーマンは「人を賢くする道具」で、以下のように述べる。

「物語には,形式的な解決手段が置き去りにしてしまう要素を的確に捉えてくれる素晴らしい能力がある。論理は一般化しようとする。結論を特定の文脈から切り離したり,主観的な感情に左右されないようにしようとするのである。物語は文脈を捉え,感情を捉える。論理は一般化し,物語は特殊化する。論理を使えば,文脈に依存しない凡庸な結論を導き出すことができる。物語を使えば,個人的な視点でその結論が関係者にどんなインパクトを与えるか理解できるのである。」

 

中原淳、金井壽宏の「リフレクティブ・マネジャー」ではこんな話が紹介されていた。
コピー機の修理をする部隊を調査した。学びには何が一番役に立ったか。
なんとそれは、研修や技術書などではなく、同僚との他愛もないおしゃべりだったという。
「先日、どこどこのこんな故障をこのようにして切り抜けた」
「こういう操作をしたらひどい目にあった」
といった何気ない成功談、失敗談から最も多く学んだというのである。

物語で認知する、という機能が私たちに備わっていることは、何千年も残る神話が証明している。
そして21世紀になった今でも、その機能を利用した大きな大きな商業装置がある。
ハリウッド映画である。

大塚英志の「ストーリーメーカー」では、多くのハリウッド映画が神話の形式に則っていることが示される。

有名どころではスターウォーズがそうだし、当該本ではバイオハザードを例題に詳しく説明している。
私が最近に観た映画で言えばTrue Gritがそうであった。

すなわち主人公は冒頭で何かを失い、異界へ赴き、そして結果を得るが、代償として何らかの「しるし」を身に負う(実際はもっといろいろなパーツがある)。

この形式に沿えば、私たちは全体を自然に認知できるし、「形式的な解決手段が置き去りにしてしまう要素を的確に捉え」(ノーマンの前述書)られるのだ。

翻って、退屈で仕方がなかったQCサークルの事例発表である。
今にして思えば巧妙に計算された結果の神話フォーマットなのではないか。
どうでしょう皆さん。

なお念のためノーマンの本から続けて引用する。
「物語が論理より優れているわけではない。また,論理が物語より優れているわけでもない。二つは別のものなのだ。各々が別の観点を採用しているだけである。」

 

No tags for this post.

おまえらよく遊んで驚き笑い泣き、よく寝て海馬を休めろ

Pocket

先日もTwitterをつらつらと眺めておりましたら立て続けに二つのTweetが。

池谷裕二 (@yuji_ikegaya) 01/28 12:14:35
歳をとると睡眠が短くなるのはホントです。今朝の『ネイチャー神経科学』誌より→ http://t.co/t0kDHeD7 とくにノンレム睡眠が減ってしまうので、海馬が活性化しっぱなしになり、その結果、記憶力にも悪影響がでます

なおリンク先の記事はAbstractであっても何が書いてあるかさっぱりわからん。
そしてもう一つ。

Shane Parrish (@farnamstreet) 01/28 02:37:43
Great performers typically sleep significantly more than the rest of us. http://t.co/MBd68xvy

上手いバイオリニストは8時間しっかり寝てることに加え、昼寝もすると。
特にトップバイオリニストは一に練習、二に睡眠とまで言うそうな。

リンク先からさらにリンクされているHBRのブログでは、睡眠不足は一般的におまえらが思うよりもパフォーマンスに影響するのだと言うことがつらつらと書かれている。

そして、望ましい睡眠時間は7~8時間程度であろうとのこと。これは平均睡眠時間が7時間という研究結果とも齟齬はなさそう。(ただし記事を書いた人は8~9時間との意見)

small_7687221498

ただ。
俺が思うには、「じゃあたくさん寝ようぜ」ってのは早計じゃないかと思うのだ。
そもそも上記の記事のうち、少なくとも後者はバイオリンの技巧と睡眠時間には相関があるということしか伝えていない。
(Natureの論文にはそのへんキッチリ書いてあるのかもしれないが理解できん)

まったくの推測だが、これはむしろ「バイオリンをひたすら練習したからよく眠れる」という因果関係を示すものじゃないかと思うんだな。

時間の分子生物学 (講談社現代新書)
という、タイトルからはちょっと推測できない睡眠に関する面白い本がある。
こちらによれば、眠りというのは、疲れることで受動的に引き起こされる生理現象だと言う。

つまり、上手なバイオリニストは、毎日毎日ハードな練習をしており、そのためによく眠れるということじゃあないだろうか。

じゃあ年寄りの睡眠が短いのは?
もちろん加齢による脳組織の萎縮もあろうが、経験が蓄積されているせいで反射だけで過ごす時間が多くなり、脳に十分な負荷を与えていないせいじゃないだろうか?
非日常や不確実性を嫌い、ルーチンばかりの毎日を送りがちなせいじゃないだろうか?

といったような事を考えたのであった。
しょせん根拠もない世迷いごとなんだけれども、年取っても驚き泣き笑い怒り、もしそれで夜はよく寝れるなら、それはそれでいいじゃないか。
海馬も休まるしな。

photo credit: 55Laney69 via photopin cc

No tags for this post.

図書館

Pocket

勤め先のあるエリアの公立図書館が使い易いせいで、読書欲が猛烈に高まっているこのごろ。

webで予約が出来て、勤め先のごく近くで受け取り/返却ができて、返却だけなら駅のボックスに投函するだけでよい、というのがとても便利だ。

自宅近くにも図書館はあるのだが、通勤路からは外れているので行くのが億劫になる。

ここまで気軽に借りられると、あれもこれも読みたくなって、すぐに制限いっぱいまで予約を埋めてしまう。

早く次の本が来ないかのう。

No tags for this post.

MCA master

Pocket

MCA databaseとMCA applicationを取った。

体系的な知識がなかったのでdatabaseの勉強には手こずって、こればかりは会社から借りてきた赤本をたびたび参照した。

一方でapplicationは、オブジェクト指向とかコンポーネントとか、やや開発よりのエリアが範囲。そっち方面もあまり明るくないのだが、浅く広い知識を問うような問題が多く、なんだかもうやる気がまったく起きなくて黒本を1回眺めたくらい、しかも巻末の仕上げ問題すらやらず試験を迎えてしまった。やる気に比例して点数は低かったものの受かってしまえば関係ないのでよし。

これでMCAマスターになった。次は何を受けるべか。

Turbo-CE LinuxとMCAの計5つの試験で1週間~2週間おきに会場に通ったので事務員に顔を覚えられた。

No tags for this post.

MCA Security

Pocket

先日のPlatformに続いてSecurityを受けてきた。

「フッ…。Platformを倒したようだが、奴なぞ我らMCA四天王の中では最弱。」とローブをかぶった顔面ベタ塗りの3人が喋っている大昔のジャンプなシーンを何となく思い浮かべたが無事突破。

MS製品の知識を問う話はどうでもいいが、最近のセキュリティ関連で知らなかった話もあって、ちょっと勉強になった。

さて残2となったわけだが次はどうしようかな。

ゴゴゴゴ…。「フッ…。PlatformとSecurityを倒したようだが、奴らなぞ(ry

No tags for this post.

謎の鳥

Pocket

俺のマンションの前は山の斜面で、木々がベランダ近く、手が届きそうなところまで枝を伸ばしている。

その枝をつたってベランダのプランターまで雀が遊びにくるのだが、今日は見慣れない鳥を見かけた。

その鳥は緑がかった不思議な色をしていて、たとえて言うなら鶯色…アッー! こいつウグイスか!

こんな風に鳥の名前に思い至ったのは初めてであった。

No tags for this post.

MCA platform

Pocket

MCA(マイクロソフト認定アソシエイト)という資格がある。一言で説明するのも難しい資格なんだが、それはともかくマイクロソフトなので世界中で認定してるのかと思ったら日本だけらしい。つまり日本法人が勝手にやってるってことなので、そこだけ見ると「どうでもいい資格臭」がするんだが、こちらも会社からいくばくかの報奨金が出るのでチャレンジしてみた。

MCAにはplatform, application, security, databaseの4種類があって、今回はplatformを。

platformはOSの使い方に関する試験で、Server 2008の内容がやや重視されている。俺が実際に触ったことのあるのは2003までなんだが、2008ではかなり色んな事が出来るようになってるらしく少し驚いた。WindowsクライアントをまとめるサーバはやっぱりWindows Serverが楽なんだろうなと思った。

試験は、前評判通り黒本と呼ばれるインプレスの問題集だけやっておけば余裕だった。試験では初めて見る設問内容も何個かあって焦ったけど、実技重視のMOSとも違うので適当にあたりはつけられる。

で。あとのMCA3つも行ってみる予定。

なお、6/30までであれば1回落ちても2度目の試験は無料キャンペーンなので、少々の勉強不足でもトライしてみようと思う。

No tags for this post.

Turbo-CE(Linux認定)を受けた。

Pocket

Turboなんて今では下り坂のLinuxだが、会社から幾ばくかの報奨金が出るのでトライして無事合格。

しかしLinux周りの「知識」を問われるようなケースが多くて、この認定そのものには全く意味がないと思う。

LPICもたいがいだったけど、これに比べればまだあちらの方がましだった。

問題集としては、IDGという出版社から出ている「直前必修問題集」しかない。この時点ですでに嫌な雰囲気だ。つまり誰も注目してないという証拠だから。しかも、俺の受けるバージョンに対応した本はすでに絶版だった。先に調べろよ俺。いやまて曲がりなりにも認定試験が継続してるのに絶版されちゃうって何よ。

しかし報奨金目当てなので中身についてはどうでもいい。くだんの本は最寄りのブックオフ100円コーナーに転がっていたのでゲット。

Turbo Linuxも仮想環境に評価版を入れて使っ…てみようとしたが、デスクトップ環境の醜悪さが受け付けず即消去して、勉強は問題集一本に絞ったんだがこの問題集がまたひどい。

「WWWは20年前から存在する。正しいか否か。」歴史の勉強…。つか、こんな絶対値で年を指定していいのか?

「Turbo Linuxのカーネルは一つである。正しいか否か。」何を言っているのか分からない。*1

「パスワードを忘れてしまったユーザのために再設定をした。管理者の仕事として正しいか。答え: 正しくない。そもそもそんなことがないようユーザを教育せよ。」いやいやいや。

この恐ろしい問題集であるが、冒頭のページにターボリナックスが直々に推薦文を書いている。お墨付ということです。こんな明後日方面の問題が出たら正直合格する自信なんてないと直前まで戦々恐々とした。

いざ受けてみたら問題は素直で安心したっていうか問題集は全然意味ねーじゃねーか。心配して損した。

しかも問題集ではろくに扱われていなかったturbotools(Turbo Linuxの管理ツール)が結構出た。そこはさっぱり分からなかった。

*1:答えの説明を見るに、SMP向けに別のカーネルが用意されていることはありません、と言いたかったようだ。

No tags for this post.

塩漬け肉の作り方

Pocket

塩漬け肉の作り方を友達に教えてもらったのでメモ。

塩漬け肉は日持ちがする上に、少し大きめに切ってトマト煮とかカレーとかポトフに放り込んで噛み付くと、歯ごたえと豚の旨みがとてもおいしいし、ベーコン代わりにパスタに投入してもいい。

ただ、肉自体に塩がかなり入っているので、投入先の料理の味付けは考慮しておかないと塩辛いだけになるから注意。

以下、作り方。

  1. 豚肉ブロックを買ってくる。
  2. 肉汁は拭き取って、大きめのラップの上に置く。*1
  3. フォークでブロック肉を全面穴だらけにする。
  4. 豚肉の重さに対し、3%~5%の塩を全体にまんべんなく擦り込む。
  5. そのままラップで厳重にくるむ。このとき、ラップの隙間から肉が出ていることのないようにする。
  6. 冷蔵庫に保管。
  7. 一晩待つと水が大量に染み出しているので、拭き取ったのちもう一度ラップでくるむ。
  8. もう一晩待って、同じことをしたら出来上がり。

*1:別にラップでなくとも、例えばまな板でもいいけど、その場合はあらかじめ消毒しておくこと。

No tags for this post.

イギリスアマゾン

Pocket

ポンド安だったのでamazon.ukでプラネットアース(DVD版)とモンクを買った。

モンクはコメディータッチの探偵ドラマ。アメリカ産。

6シーズン分買っても日本円で6000円程度だったからこれはお得。

とはいえ、このドラマの肝は、ある事件により奥さんを失った潔癖症で神経症の探偵モンクと、そのアシスタントである元看護師シャローンのコンビにあるのに、途中からアシスタントが交代してしまうのが残念だ。

プラネットアースはすごく有名な通り、NHK版は全巻セットで3万オーバーのところ、BBC版は購入当時のポンド円換算で2500円程度でその差は実に10倍以上。しかも日本語版では番組ナビゲータとして緒形拳がちょいちょい出てきてて、放映当時にはトイレタイムにしていたのだが、当然ながらBBC版には無い。これはうれしい。

イギリスはリージョンコード2で日本と同じだが、映像方式がPALなのでPCかXBOX360で見る必要がある。

No tags for this post.