Monthly Archives: 2月 2016

[coreos]CoreOSインストール時に使ったcloud-configはどこに行ったの?

Pocket

自分でCoreOSをインストールするときには、初期設定を書き込んだcloud-configを読み込ませる。
ファイル一つでOSの設定を全部、賄えるとは、なんてお手軽なんだろう。

あれ?
ではインストール後に、そういった設定を変更したい場合にはどうしたらよいのだろう。
もちろん、CoreOSだってLinuxなんだから、/etc下に設定ファイルが転がっているのは百も承知。
しかしCoreOSなんだから、一つのファイルで全部、管理したいじゃないか。

インストール後のcloud-configの場所

答え:
インストール時に使用したcloud-configは、/var/lib/coreos-install/user_dataに保存されているので、これを書き換えればよい。

例。
インストール後に、CoreOSの更新方法を変える。
更新方法は/etc/coreos/update.confでも設定できるが、上述の理由から、敢えてuser_dateで操作する。

では早速。
/var/lib/coreos-install/user_dataに以下の行を加えればよい。
※以下の例ではreboot-strategyにbest-effortを指定している。

CoreOSをリブートすると、/etc/coreos/update.confに以下の通り、最後の一行が増えている。

なお、CoreOSのバージョンは/etc/os-releaseに記載あり。

参考
https://github.com/coreos/coreos-cloudinit/blob/master/Documentation/cloud-config.md#update
https://coreos.com/os/docs/latest/update-strategies.html

https://coreos.com/os/docs/latest/cloud-config-locations.html
On every boot, coreos-cloudinit looks for a config file to configure your host. Here is a list of locations which are used by the Cloud-Config utility, depending on your CoreOS platform:

/var/lib/coreos-install/user_data
When you install CoreOS manually using the coreos-install tool. Usually used in bare metal installations.