[メモ][Vagrant] FreeBSDのboxを作る。

Pocket

インストール時設定

容量節約のためにgame, srcはインストールしない。
rootのパスワードはvagrantに。
ユーザvagrantを追加、パスワードもvagrantに。
sshdは有効に、dumpdevは無効に。

/etc/rc.confの中身

インストール後設定

まずはOSの更新。

pkgのインストール

pkgをインストールするには、pkg listでもなんでも叩けばインストールしてくれる。

sudoのインストール

vagrant用に。

ユーザvagrantにパスワードなしのsudo権限を与える。

requirettyがあればコメントアウト。

ユーザvagrantのssh key設定

定番のキーをauthorized_keysとしてダウンロードし、パーミッションを設定する。

sshd設定の変更

/etc/ssh/sshd_configに以下を追加。

空行、コメント行を除くとこんな感じ。

sshdを再起動

VirtualBox Guest Additonsは必要か。

FreeBSDのGuest Additionsで以下が可能になる。
https://wiki.freebsd.org/VirtualBox

逆に言うと、以上が必要なければわざわざ入れることもない。
もしXを入れないのであれば、インストールしないほうがよい。
pkgのGuest AdditionsはX11のサポートがOnになっており、そのままインストールすると山ほどpackageを追加されるから。
ではportsからコンパイルする?
まずportsディレクトリが必要。
さらに、実はGuest AdditionsのコンパイルにはKernelソースが必要なので、/usr/srcも必要。
しかもportsからのコンパイルするとperlやらgmakeやら、いろんなもののコンパイルが発生する。
本当におすすめしない。

Guest Additionsのインストール

インストールする場合には、pkgからvirtualbo-ose-additonsを。
search -fすると分かるが、X11がOnになっている。

念のため確認

仮想マシンをパッケージする

シャットダウンしたのち、ホストマシンで梱包
–boxに続けてVirtualBox上の名前を入れる。

できたpackage.boxは約1Gバイト。うーん。ちょっとでかいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください