Daily Archives: 08/25/2015

[メモ] 写真、ホームビデオ等をため込んだFreeBSDホストのjailにPlex Media Serverをインストール

Pocket

件名の通り。
FreeBSDホストに格納してある写真、動画を各種メディアプレイヤー向けに公開したいが、オリジナルのホストを直接は公開したくないな、というときのため。
jailなら物理的に同じマシンを使いつつ、論理的には別マシンとして振る舞えるので適任である。

jailの作成

jailとくればezjailが定番だが、私はqjailが好き。
qjailについてはこちらを。

以下、qjail installまで終わっている前提で勧める。

flavorにssh-defaultを選んでplexという名前で作成。

jail plexをスタートし、pkgをインストール
インストールはとにかくpkgコマンドを叩けばOK。

plexmediaserverインストール

そのままplexmediaserverをインストール。
もちろん、マシンは64bitです。

plexmediaserver起動

rc.confに一行加えてさっさと起動。

ブラウザからhttp://<IPアドレス>:32400/webに繋ぐ。
もし「このサーバに権限(permission)がない」というようなことを言われたなら、以下のファイルを変更するといいかもしれない。
「かもしれない」というのは、以下の通り変更したら症状が改善したので、確認のために戻してみたら、二度と症状が再現しないから。
うーん…。

いったんそのままにしておく。

plexmediaserver向けにディレクトリをマウント

jailから抜けてホスト側で作業
jailであるplexのファイルシステムは、ホスト側では/usr/jails/plexにある。
/usr/jails/plex/がjail plexのルートディレクトリ。
だからホストの/warehouseにデータがあるとして、/usr/jails/plex/mediaにマウントすれば、jail plexでは/mediaとして見える。

せっかくだからread onlyでね。

jail plexから見えるのを確認したら、ホスト側のfstabに書き込み。

あとはブラウザからplex media serverにつないで、メディアの追加で/mediaを選ぶだけ

以上