sublime textのpackaging controlをproxy越しで使うには

Pocket

proxy越しのpackage control(最初のインストール)

package controlインストール用のコードを修正する。
定石通り、以下からインストール用コードをコピー。

https://packagecontrol.io/installation

コードの中身をよく見ると、urllib.request.ProxyHandler() というのがあるはず。

以下は例(見やすいように改行、インデントを加えてあります)

このカッコのなかにdict型でproxyなどの設定を記述する。
書式は下記の通り。
http用、https用の二つを。

proxy越しのpackage control(packageインストール向け)

https://packagecontrol.io/docs/settings

以上の通り。

Preferences > Package Settings > Package Control > Settings – User と進み、表示されたファイルに設定を書き込む。
書式は以下の通り。

変更例は以下の通り。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください