[メモ][Windows] コマンドラインでIPアドレスを変更する

Pocket

Windowsを複数ネットワークに繋ぎかえるとき、しかも片方がDHCPでの自動割り振りで、もう片方が固定でIPアドレスを指定しないいけない場合。
いちいちネットワークインターフェースのプロパティからIPアドレスを変更するのは大変に面倒な作業である。

調べてみたらコマンドラインでも変更はできるとか。

netshコマンドでTCP/IPのパラメータを設定する

ならばバッチファイルで手軽に変えられる。
その経緯を示す。
対象OSはWindows 7。xpだと動かないかも。

結論

バッチファイル例を示す。
拡張子.batの適当な名前で保存し、必要なときに実行すればよい。

固定IPアドレスを設定するとき

IPアドレスを固定で指定したい場合。
インターフェース名: “ローカル エリア接続”
IPアドレス: 192.168.0.100
ネットマスク: 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ: 192.168.0.1
DNS: 192.168.0.1

@echo off
netsh interface ip set address "ローカル エリア接続" static 192.168.0.100 255.255.255.0 192.168.0.1
netsh interface ip set dns "ローカル エリア接続" static 172.16.1.11 primary
ipconfig
pause

 

DHCPで設定するとき。

インターフェース名: “ローカル エリア接続”

@echo off
netsh interface ip set address "ローカル エリア接続" dhcp
netsh interface ip set dns "ローカル エリア接続" dhcp
ipconfig
pause

 

書式

netsh interface ip setで設定する。
オプションは以下の通り、netsh interface ip setだけで実行すればずらずらと表示される。

C:¥>netsh interface ip set

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
set address    - インターフェイスに IP アドレスまたはデフォルト ゲートウェイを設
定します。
set compartment - コンパートメント構成パラメーターを変更します。
set dnsservers - DNS サーバーのモードおよびアドレスを設定します。
set dynamicportrange - 動的ポート割り当てに使用するポートの範囲を変更します。
set global     - グローバル構成一般パラメーターを変更します。
set interface  - IP のインターフェイス構成パラメーターを変更します。
set neighbors  - 近隣アドレスを設定します。
set route      - ルートのパラメーターを変更します。
set subinterface - サブインターフェイス構成パラメーターを変更します。
set winsservers - WINS サーバーのモードおよびアドレスを設定します。

このうち、よく使うのはaddress, dnsserverだろう。
なおdnsserverはdnsでも大丈夫のようだ。

address設定方法については;

使用法: set address [name=]<文字列>
              [[source=]dhcp|static]
              [[address=][/<整数>] [[mask=]]
              [[gateway=]|none [gwmetric=]<整数>]
              [[type=]unicast|anycast]
              [[subinterface=]<文字列>]
              [[store=]active|persistent]

パラメーター:

       タグ           値
       name         - インターフェイス名またはインデックスです。
       source       - 次のいずれかの値を指定します:
                      dhcp: 指定したインターフェイスの IP アドレスの構成で
                            DHCP を使用できるようにします。
                      static: 指定したインターフェイスの IP アドレスの構成で
                            DHCP を使用できないようにします。アドレスまたは
                            ゲートウェイが構成されている場合、この値を指定
                            する必要があります。
       address      - 追加または変更する IPv4 アドレスです。
                      サブネット プレフィックス長を後に指定することもできます。
       mask         - 指定した IP アドレスの IP サブネット マスクです。
       gateway      - 次のいずれかの値を指定します:
                      : 設定している静的 IP アドレスに対する特定
                                       のデフォルト ゲートウェイです。
                      none: デフォルト ゲートウェイは設定されません。
                            これは既定値です。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です