Sambaの汚物(ウイルス)は消毒だ。samba-virusfilter編

Pocket

 

Sambaの汚物(ウイルス)は消毒だ。哀愁のsamba-virusfilter編である。
virusfilterはsambaのvfs。
samba上ファイルを開くときにclamavでスキャンしてくれる。
そういうタイプのvfsはvscan-clamavが有名だが、FreeBSDのportsやpkgには見当たらない。
そこでvirusfilterで試してみた。
試してみた、というのは、ファイルの開け閉めの際にスキャンするのはどうもいただけなく感じるので、本運用には至らなかったから。
なお、clamav、sambaはインストール済みの前提。

samba-virusfilterのインストール

security/samba-virusfilterからインストールできる。
設定ファイルの説明は以下を参照。ただしclamdが動いている前提。
https://github.com/fumiyas/samba-virusfilter/blob/master/etc/smb.svf-clamav.conf.tmpl

設定例

ウイルスを見つけたき「何もしない」を選択した場合、感染ファイルはそのまま共有ディレクトリ上に残るし見える。
しかしユーザは当該ファイルを開くことはできない。
ウイルスを発見したとき、ログとしては/var/log/samba下のログに、以下のように記録される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください