FreeBSDへのMATEインストール

Pocket

 

FreeBSDにMATEをpkgngでインストールしたので経緯を示す。
「メイト」って読んでたけどマテ茶のマテなのね。
私がFreeBSDをインストールしているマシンはやや古めで、GNOME3だと荷が重い。
そこでGNOME2後継のMATEにした。
デザインなど、やっぱり物足りない点はあるけれど満足している。
デスクトップ用途としてはそんなに使わないしね。
(追記)
この記事は一ヶ月ほどまえに書いたものです。
FreeBSD 10.o-RELEASEが公式アナウンスされた1/21(JST)の時点では、公式pkgリポジトリにmateが、加えてxorgすらもありません。
pkgリポジトリは一週間に一回の頻度で更新されますが、その都度全体的な整合性が保証されるわけではありません。
したがって、あるpackageがリポジトリに現れたり消えたりすることは、ままあることです。
mateやxorgなどの大量に依存を抱えるソフトウェアをすべてpkgで扱うのは、現時点では難しいようです。
(追記ここまで)
(2014/1/30さらに追記)
現時点でpkgにmateはあるけれども、今度はavahi-daemonがコアダンプするとかもうね…。
(追記ここまで)

MATEとは

Wikipediaから引用

MATE (マテ、スペイン語発音: [ˈmate])はGNOME 2のコードからフォークされたデスクトップ環境である。

従来のデスクトップメタファーをGNOME Shellによる新しいインターフェースで置き換えたGNOME 3はLinuxコミュニティの一部から批判を受けた。多くのユーザーは新しいGNOMEを受け入れることを拒否し、GNOME 2の開発を継続する者を求めた。MATEプロジェクトはあるArch Linuxユーザー[3]によってこのタスクを行うために立ち上げられた。

MATE(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/MATE_%28%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E7%92%B0%E5%A2%83%29

公式サイトはこちら。
MATE(公式)
http://mate-desktop.org/

 

FreeBSDへのインストールについて

pkgngに用意されているので、コマンド一発でインストールできる。

ただ、注意点が一つ。
mateにはログインマネジャーが付属しない。
おすすめはslim。xdmでも可。
gdmはおすすめしない。

理由。
gdmはGNOMEアプリケーションだから。(せっかくGNOMEからフォークしてるのに)
以下にmateをFreeBSDにportしてくれた人のコメントを引用。

Q: Why you won’t check on GDM?
A: Because it’s a GNOME applications and I do not want to install any
extra dependency. :-) But if MATE folks fork the GDM and yes I will
work on it.

引用元
http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-gnome/2012-July/027576.html

インストール

Xorgはインストールされている前提。
$ sudo pkg install mate とするだけ。
ログを取り忘れたので出力例は割愛。

slimもインストールする。
slimは本体の他にテーマもインストールする。
-fで調べてみると以下の様な結果。

インストール。

テーマもインストール

 

 

設定

以下メールの手順に沿うだけ。とっても簡単。
http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-gnome/2012-July/027575.html

具体的には/etc/rc.confの修正と、ホームディレクトリ.xinitrcの修正。
/etc/rc.conf

dbusからavahiまでの順番は重要。入れ替えないこと。
gdm_enableがあれば削るかコメントアウトすること。

~/.xnitrc

再起動すればおしまい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください