[メモ]zpoolのupgrade

Pocket

 

zpoolのupgradeをしたのでメモ。
結論としては、zpoolのupgradeとは、単にversionを上げるだけ以外にもあるようだ。

legacy on-disk formatでformat??

気がつくと、zpool statusで文句を言われていた。

曰く、「このpoolはlegacy on-disk formatでフォーマットされている。
もちろんpoolは引き続き使えるけれども、いくかの機能が使えない。」とのこと。

zpoolを調べてみたが、最新のv28である。

 

zpool upgradeで調べて分かってきた。
zpoolバージョンではなくfeature flagsのことを言っているわけだ。

 

で、もういちど調べてみると。

featureがいくつかdiabledになっている。
そうと分かれば素直にupgradeである。

zpoolのupgrade

zpool upgradeとするだけ。
ただ、バージョンが変わらないとはいえ、ファイルシステムの基盤をアップグレードするわけだからバックアップは取っといた。

あっけなく終了。

調べてみるとversionが消えて(なぜ….でもpropertiesがdefaultだからよしとしよう)、その代りfeatureはすべてenabledに変化したことが分かる。
なお、enabledは「その機能が使えますよ」という表示。
実際に有効にするとenabledはactiveに変化する。

 

zpool upgrade、zpool statusの表示いずれも問題なし。

 

No tags for this post.

2 comments

  1. ピンバック: [メモ]zpoolのVersionについて(Versionナンバはもう使われない) | Nobwak's Lair
  2. ピンバック: [FreeBSD] システムアップグレード時にはzpool(ZFS)のアップグレードも忘れずにNE! | Nobwak's Lair

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください