Daily Archives: 12/01/2013

ActivePythonでPythonパッケージを扱うにはPyPM

Pocket

 

PyPMはActivePythonのPythonパッケージマネージメントシステムである。
パッケージの提供はActiveState

ただ、すべてのパッケージが揃っているわけではなく、ものによってはコンパイルに失敗し、結果としてPyPMでは入手できないものもある。

たとえば2013/11/14現在、pygraphvizは入手できない。
http://code.activestate.com/pypm/pygraphviz/

pygraphviz is unavailable in PyPM, because there aren’t any builds for it in the package repositories.

前後したが、PyPMで揃えられるパッケージは以下のサイトで確認できる。
http://code.activestate.com/pypm/
また、PyPMにもパッケージ検索機能が備わっている。

PyPMの起動

ActivePythonをインストールすると、Python Package Manager(PyPM)というプログラムがスタートメニューにできているはず。
これがPyPM。
startmenu

プログラムとは言っても、実体はcmd.exeに引数を与えて実行するショートカットである。

C:\Windows\System32\cmd.exe /k title PyPM & pypm

実行すると、コマンドプロンプトが開く。
pypm

 

PyPMの使い方

以下を参照

http://docs.activestate.com/activepython/3.3/pypm.html

検索:
 pypm search <パッケージ>
インストール:
 pypm install <パッケージ>
削除:
 pypm uninstall <パッケージ>
更新:
 pypm upgrade
一覧:
 pypm list

 

実行例

matplotlibを検索、インストールしてみる。

検索

C:\Windows\system32>pypm search matplotlib
 boomslang    A thin layer over matplotlib that simplifies creation of common p
 brewer2mpl   Connect colorbrewer2.org color maps to Python and matplotlib
 descartes    Use geometric objects as matplotlib paths and patches
 ezplot       Remote Procedure interface to Matplotlib
 matplotlib   Python plotting package
 pygmyplot    Matplotlib wrapper plotting library
 pywcsgrid2   pywcsgrid2 is a python module to be used with matplotlib for disp
 root2matplot Tools to plot ROOT histograms using matplotlib
 sphinxreport SphinxReport : a report generator in python based on Sphinx and m
 webplotlib   A package for creating server-side charts/graphs using matplotlib
 wxmplot      high level wxPython Components for 2D plotting and image display

インストール

C:\Windows\system32>pypm install matplotlib
The following packages will be installed into "%APPDATA%\Python" (2.7):
 as.mklruntime-1.3 numpy-1.7.1 matplotlib-1.1.1
Get: [pypm-free.activestate.com] as.mklruntime 1.3
downloading: [===========>        ]  59% 19.0MB/32.1MB (1m18s; 55s left)

インストール済みのパッケージ一覧

C:\Windows\system32>pypm list
as.mklruntime 1.3   Intel MKL runtime files (Windows only)
matplotlib    1.1.1 Python plotting package
networkx      1.8.1 Python package for creating and manipulating graphs and net
numpy         1.7.1 NumPy: array processing for numbers, strings, records, and

 

プロキシの設定

もしインターネット接続がproxy越しの場合には、環境変数の設定が必要だ。
以下に記載のあるとおり。
http://docs.activestate.com/activepython/3.3/pypm.html#proxies-and-firewalls

PyPMを実行したあと、以下のように設定してから進めればよい。

C:\Windows\system32>set http_proxy=http://proxysomewhere.com:8080/

 

なお、activestateのサイト通りだとうまくいかなくて、経験的な結果として:

  •  ダブルクオーテーションで囲ったらダメ。
  •  (おそらく)URLの最後はスラッシュで終わらないとダメ。

使用例

C:\Windows\system32>set http_proxy=http://proxysomewhere.com:8080/

C:\Windows\system32>pypm install networkx
Get: [pypm-be.activestate.com] :repository-index:
Get: [pypm-free.activestate.com] :repository-index:
downloading: [=======>            ]  39% 2.5MB/6.4MB (10s; 17s left)

以上

No tags for this post.