Daily Archives: 11/15/2013

[FreeBSD]rc.confの変更を少しだけ助けてくれるsysrc

Pocket

 

たとえばApacheをインストールして、マシン起動時にApacheも起動してくれるよう、rc.confに「apache22_enable=”YES”」とタイプしているとき、たまに情けなくなったりしませんかね。
シンプルなのはいいけど、なんかこう、もうちょっとスマートにできないかとか。
(こわごわ言うけど、Linuxだったらchkconfig httpd onとかで済むよね。)

9.2-RELEASEから入ったsysrcというユーティリティがある。
rc.confの変更を少しだけ助けてくれるものだ。
serviceコマンドと併せて使えば、rc.conf周りの設定は少しだけ楽になる。

以下に使用例を示す。

rc.conf設定の表示

まずはrc.confで設定している変数を、sysrcに続けてタイプしてみる。

というように、現状の値を教えてくれる。

sysrc -aでrc.confの設定を一覧できる。

 

お気づきの通り、sysrc -aで表示されるのは、デフォルト設定から変更したものだけである。
デフォルト設定も含めて全部表示するには-Aを与える。

 

設定書き換え

sysrcに変数設定を与えると、rc.confを書き換えてくれる。
例えばsysrc sshd_enable=”NO”というようにすると、/etc/rc.confの該当行が書き換わる。

/etc/rc.confになく、/etc/defaults/rc.confにあるものでもOK。
zfs_enableを指定すると新しく/etc/rc.confに行が追加される。

 

設定書き換え(rc.confからの削除)

zfs_enableをNOに戻すが、/etc/rc.confに記載が残ってしまった。

このままでも、とうぜん害はないが、-xで指定すれば削除できる。

 

設定書き換え(新規ソフトウェア)

では/etc/rc.conf, /etc/defaults/rc.confの双方にない変数は?
これも追加できる。
以下はlighttpdの場合。

 

もちろん削除も可能。

以上

No tags for this post.