FreeBSD 10インストーラからのzfs on rootを試してみたよー

Pocket

 

FreeBSD 10.0-RELEASEから、インストールの際にファイルシステムとしてZFSが選べるようになる。
システムの置かれるファイルシステムをZFSにする、ということは、今までも出来ないことはなかったけど、そりゃもう面倒な手順を経る必要があった。
それがインストールの時の選択ひとつで出来るようになったというのは、けっこうすごいこと。

また、システムをZFSに置けると、まずパーティションの切り方に悩まなくて済む。
あとで/varが足らないとか/usr/localがとかそういったことが無くなる。

そのうえで、システムまるごとzfsのアドバンテージを満喫できる。
まるまるスナップショット取れたりするからね。

ただ、2012/10/10現在、いまだテスト中のところであり、10.0-BETA1あたりに入るかも、という状態。(2013/10/15追記; 10.0-BETA1に入ってました)
そんな状態で試してみた顛末を記す。

なお一次情報は以下の通り。

 

インストーラでのzfs on rootを試す

前提:FreeBSD 10.0-ALPHA5, zfsbootonly.2013-10-09.isoをvirtualboxで試しています。
注意: 先述の通りテストの真っ最中なので、下記の内容が変わる可能性は十分にあります。

Allan Jude氏のページからインストーラをダウンロードする。
通常通り起動し、10.0になっても相変わらず愛想のかけらもないメニューを選択して進むと、以下の通りフォーマットのところでZFSが選べる。

 

menu001

ZFSを選ぶとこのように。

menu002

使うディスクを選び、進む。

menu003

あとは通常通り。

 

unameはこの通り。

 

カーネルモジュールがこのように組み込まれている。

 

 

ディスクの内容はこのように。

 

No tags for this post.

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください