FreeBSD(FreeNAS)にPlex Media Serverをインストール

Pocket

Plexというメディア共有ソフトウェア群がある。
Plex Media ServerとPlex Media Clientの二つから成っている。

Plex Media Serverというサーバを立てておけば、Plex Media Centerのインストールされた端末から動画や音楽を視聴することができる。

もっと具体的に言うと、自宅でPlex Media Serverを立てておけば、宅内はもちろん、外出先のモバイル端末からでもメディアへアクセスできる。

動画や音楽をため込んでいるNASにPlex Media Centerをインストールできればとても便利というわけ。
クライアントは、Windows, Linux, iOS, Android向けに用意されており、PS3, XBOX360はデフォルトで対応。
しかしiOSやAndroid向けのアプリは\450と、なかなかのお値段であって、そこまでして外出先で見たいか?と一考する余地はあると思う。
私も買ってません。

(追記)2015/8 にjailにインストールしたときの顛末はここ

Plex Media ServerがFreeBSD/FreeNASに対応

Plex Media Serverは長らくWindows/OS X/Linuxにしか対応していなかったのだが、近ごろFreeBSDにも対応した。
FreeBSDに対応ということはつまりFreeNASにも対応したということである。
すなわち冒頭で書いたような、「NASに動画や音楽をため込んで、しかもNASに動画共有させる」事が出来る。

以下、FreeBSDでのインストール、設定方法を示す。

インストール

FreeBSD対応がなされたばかりであるため、なるべくportsから、それも最新のportsからインストールすることを勧める。

いずれにしても、Plex Media Serverはクローズドなので、大したコンパイル時間は発生しない。

 

すぐ終わるはず。

起動

/usr/local/etc/rc.dに起動スクリプトがインストールされる。
サーバ起動時にPlex Media Serverも起動するには、/etc/rc.confに以下の一行を追加する。

 

ただ今回は実験のため以下のようにして起動。

 

設定

plex media serverを動かしているサーバにブラウザで繋ぐ。
サーバが192.168.1.1なら以下のように。

こんな画面になるはず。
plex0010
まあ、agreeですな。

plex0020

plex0030

開始。

plex0040

Friendly Nameを入れろと言われる。
Friendly Nameとは、クライアントからPlex Media Serverを見つけやすいように付ける名前。たとえばPlex Serverとか。
ブランクのままにすれば、サーバのホスト名がそのまま使われる。

あとはまあ、言われたとおりに。

plex0050

plex0060

 

myPlexアカウントを入れろ、と言われる。
外出先のモバイル端末からPlex Media Serverにアクセスするなら、Plexのサイトに行って作ったアカウントをここに入れる。
自宅内だけで共有するなら、skipしてもOK.

plex0070

 

アクセス

Plex Media Serverにアクセスする方法はいくつかある。

  1. Plex Media CenterをインストールしたWindows, OS X, Linuxからアクセス
  2. PlexをインストールしたiOS, Androidからアクセス
  3. PS3, XBOX360からアクセス
  4. ブラウザからアクセス

ここでは4の方法だけ示す。

ブラウザでのアクセスには「:32400/web/index.html」へ繋ぐ。
サーバが192.168.1.1なら以下のように。

たとえばps3だと、XMCのフォト、ミュージック、ビデオにサーバが表示されるようになるので、そこから。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください