FreeBSDをインストールしたらやること。(no GUI編)

Pocket

FreeBSDをインストールしてやることをまとめたよ。

まずrootでログイン

シェル、sudo、screen、vim-lite(日本語OKなvi)をインストール。

以降、viはvim等と読み替えておくれ。

自アカウントのシェルを変更。

wheelに自アカウントを追加。

sudoが使えるように。

これ以降、原則としてrootは使わない。

自分のアカウントでログイン。

ホームディレクトリの.profileに以下を追加。

言語設定とパッケージの取得先変更。

上記設定を読み込み。

portsの更新

既存のportsは一回捨てる。

rmするのも時間がかかるので、いったんmvして消す。

で、portsnapで取り直し。

時間がかかるのでさらにターミナルを起動。

起動時のサービスの設定

powerd, ntpdateを起動。sendmailはまあ…後で再起動か。

locateデータベースの作成

放っておけば一週間に一回更新してくれるのだが、すぐに使いたいので。

あとはports管理とか。

でかい言語系。

とりあえずこんなもん。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください