FreeBSDでのGNOMEインストール

Pocket

これ、古い記事なのに未だに見られているようなのでアップデートします。

ただ、FreeBSDをいわゆるデスクトップ用途で使うのは激しくオススメしない。

以下、RELEASE版にxorg、GNOMEを入れることを想定。

ほぼFreeBSDハンドブックの手順どおり。

日本語版もあるが、ちと情報が古いので、英語版を見るのがベター。

Xのインストール

ではさっそく。

portsでインストールした日には何日かかるかわからないので、全部パッケージで入れることにする。

とすれば、xorgに関係するパッケージを全部入れてくれる(Bシェル系の場合)。

普通にやるとftp.freebsd.orgあたりにパッケージを取りに行ってしまい時間がかかるので、環境変数のPACKAGEROOTで日本のftpを指定しておく。

bsdadminscriptsは管理者用お役立ちツール。今回はbsdadminscriptsのうちの、rcコマンドが便利なので入れる。

Xの設定

Xorg7.4からdbus, haldを使うようになったので、rc.confを修正してdbus, haldをスタートさせる。dbusとhaldの順番は必ずこのとおりにすること。

mousedが動いていたら止める。

◎/etc/rc.conf

で、起動。

rcstartはbsdadminscriptsでインストールされるコマンド。

次にhaldのキーボード設定をする。

fdiファイルを作って適切な場所に置いたら、必ずhaldをrcrestart haldなどとして再起動すること。

で、もうxorg.conの設定などはせず、rootでいきなりstartxとする。

最近は、大抵のケースであればもう自動でやってくれるので。

素っ気ないtwmの起動が確認できたらOK。

起動できない場合には、Xorg -configureとしてxorg.confを作り、/var/log/にあるXorgのログを見ながらぐぐって頑張る。

ところで、webを見回すと、FreeBSDなのに/etc/の下へxorg.confを置いているケースが散見される。動作に支障があるわけではないが、base system以外、つまりports, packagesで入れたソフトウェアは/usr/localの下に置くのがFreeBSDの嗜み。だから/usr/local/etc/X11の下に置きましょう。

GNOMEのインストール

GNOMEの設定

システム起動時にgdmも起動させる。

/etc/rc.confに下記のとおり追加。

gnome_enable=”YES”とすればgnome関連デーモンの起動もしてくれる。

インプットメソッドのインストール

としてinput methodをインストール。

なお、gnome2.20ではこういったinput methodやlocale設定に問題があるので、gdmのプルダウンメニューでJapaneseを選んで有効にする。あるいは、~/.profileに’export GDM_LANG=ja_JP.UTF-8’という一行を加える。(http://www.freebsd.org/gnome/docs/faq2.html#q29

で、再起動。

FreeBSDのサウンドカードの設定

gdmが立ち上がりGNOMEも問題なく起動したが、音がならない。

これもFreeBSDハンドブックを参照して解決。

大まかな流れ。

  1. サウンド向けメタドライバをロードして、メジャーなサウンドドライバを片っ端から読み込む。
  2. 勝手に適当なドライバを判断してくれるのでそれを確認。
  3. 音を鳴らしてみて確認。OKなら、
  4. 見つけたドライバを起動時に読み込むよう設定。

具体的な手順は以下のとおり。

ということで、snd_ichが狙いのモジュールと分かったので(上記出力のボールドは俺)、/boot/loader.confに一行追加。

以上

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください