Monthly Archives: 12月 2009

レディ・ジョーカー

Pocket

ブックオフで叩き売られていたので再読した。

企業トップや新聞記者や警察の仕事っぷりがとてもリアルに見えて、この人はどうしてここまで書けるんだろう、といつも思う。

この人の本は、読んだ後は重苦しい気分になるけど、思い出したように読みたくなる。リヴィエラとか原子炉テロの話とか、また読みたいなあ。

レディ・ジョーカー〈上〉

あと、なんでこの人の本はホモっぽい方面に行くのだろうか。そこだけ止めてほしい。

No tags for this post.

webdavを設定してみた

Pocket

メモ。

apache22, subversionをインストールする。

subversionはpkgでなくportsからインストールして、オプション選択のところでmod_dav_svnを選ばないとダメ。

/usr/local/etc/apache22/httpd.confに以下の行があるか確認。

subversionをインストールするときに勝手に加えてくれるはず。

LoadModule dav_module         libexec/apache22/mod_dav.so
LoadModule dav_svn_module     libexec/apache22/mod_dav_svn.so
LoadModule authz_svn_module   libexec/apache22/mod_authz_svn.so

同じくhttpd.confで、httpd-dav.confを指定している行のコメントアウトを外す。

# Distributed authoring and versioning (WebDAV)
#Include etc/apache22/extra/httpd-dav.conf
Include etc/apache22/extra/httpd-dav.conf

以降、/usr/local/etc/apache22/extra/httpd-dav.conf を参照したり編集したりする。

# The User/Group specified in httpd.conf needs to have write permissions
# on the directory where the DavLockDB is placed and on any directory where
# "Dav On" is specified.
DavLockDB "/usr/local/var/DavLock"

まずロックファイルを置くディレクトリの指定があるので、作る。

パーミッションの設定も忘れないこと。

以下、実行例。

$ sudo mkdir /usr/local/var/DavLock
$ sudo chown www:www ./DavLock/
$ sudo chmod 750 ./DavLock/
$ ls -la
total 8
drwxr-xr-x   4 root  wheel  512 12 27 22:08 .
drwxr-xr-x  16 root  wheel  512 12 26 21:49 ..
drwxr-x---   2 www   www    512 12 27 22:08 DavLock

次に実際のDavの場所、Davアクセスするためのパスワードファイルの場所指定。デフォルトが気に入らなければ変える。

変えたらディレクトリは作っておくこと。

以下、httpd-dav.confの変更例。

#Alias /uploads "/usr/local/uploads"
Alias /uploads "/usr/local/www/uploads"
#<Directory "/usr/local/uploads">
<Directory "/usr/local/www/uploads">
# You can use the htdigest program to create the password database:
#   htdigest -c "/usr/local/user.passwd" DAV-upload admin
#AuthUserFile "/usr/local/user.passwd"
AuthUserFile "/usr/local/www/dav.passwd"

パスワードファイルの作成。

ユーザがharukiya、realmがDAV-uploadの場合の例。初めてパスワードファイルを作るときは-cをつける。

htdigestが使えるよ、と書いてあるので使ってみる。

以下、実行例。

$sudo htdigest -c "/usr/local/www/dav.passwd" DAV-upload harukiya
Adding password for harukiya in realm DAV-upload.
New password:
Re-type new password:

デフォルトだと、誰でもwebdavディレクトリを見られて、書き込みはadminだけOK、ただしパスワード要という設定。

とりあえず下記ではadminを上記でパスワードを設定したharukiyaに変更している。

# Allow universal read-access, but writes are restricted
# to the admin user.
<LimitExcept GET OPTIONS>
#require user admin
require user harukiya
</LimitExcept>

あとは/etc/rc.confにapache22_enable=”YES”という一行を加え、/usr/local/etc/rc.d/apache22 startとやればOK。

No tags for this post.

博士の愛した数式

Pocket

数学と江夏と子供以外に興味のない「博士」の感情表現がとても良かった。

博士の愛した数式 (新潮文庫)

No tags for this post.

できそこないの男たち

Pocket

オスというのは、種が自分たちの遺伝子をシャッフルするために作り出した使いっ走り、という話。

メスを適当に改造して出来たものなので、メスより脆弱な作りになってんじゃねーの?という仮説が面白かった。

できそこないの男たち (光文社新書)

No tags for this post.

WMをGNOME2にしたらsound-juicer, brasero, totemが動いたでござる。

Pocket

納得いかないが、とりあえずメモだけしとく。

sound-juicer, braseo, totem(以下、面倒なのでsound-juicer)はCDへ/dev/acdではなく/dev/cd(SCSI)経由でアクセスするので、いろいろと設定を変える必要がある。

◎/etc/fstabを修正する。

/etc/fstabを修正して、/dev/acd0をコメントアウト、さらにprocを作っておく。

$ cat /etc/fstab
# Device		Mountpoint	FStype	Options		Dump	Pass#
/dev/ad0s1b		none		swap	sw		0	0
/dev/ad0s1a		/		ufs	rw		1	1
/dev/ad0s1f		/home		ufs	rw		2	2
/dev/ad0s1e		/usr		ufs	rw		2	2
/dev/ad0s1d		/var		ufs	rw		2	2
#/dev/acd0		/cdrom		cd9660	ro,noauto	0	0
proc			/proc		procfs	rw		0	0
$ sudo mount /proc
$ mount
/dev/ad0s1a on / (ufs, local)
devfs on /dev (devfs, local, multilabel)
/dev/ad0s1f on /home (ufs, local, soft-updates)
/dev/ad0s1e on /usr (ufs, local)
/dev/ad0s1d on /var (ufs, local)
procfs on /proc (procfs, local)

◎atapicamをロードするよう、/boot/loader.confを修正する。

FreeBSD公式サイトを見るとKernelにdevice atapicamを入れろとか書いてあるが、そんなことしたらGENERICカーネルが使えずfreebsd-updateに影響するので、カーネルモジュールをロードすることにした。

$ grep atapicam /boot/loader.conf
atapicam_load="YES"

loader.confが正しく設定されているか、いったんリブートして確認するのがよいが、どうせ後でdevfs.confを修正した時にリブートするのでその時に確認するとして、ここではsudo kldload atapicamする。

kldstatしてatapicamがロードされているか見る。

さらにcamcontrolでデバイスが認識されていることも確認すること。

$ kldstat
Id Refs Address    Size     Name
1   19 0xc0400000 b6dfe0   kernel
2    1 0xc0f6e000 7224     snd_ich.ko
3    2 0xc0f76000 567c0    sound.ko
4    1 0xc0fcd000 4ffc     atapicam.ko
5    1 0xc4774000 2000     blank_saver.ko
6    1 0xc48da000 9000     i915.ko
7    1 0xc48e3000 14000    drm.ko
$ camcontrol devlist
<HL-DT-ST RW/DVD GCC-4160N 0013>   at scbus1 target 0 lun 0 (cd0,pass0)

◎camcontrol devlistで表示されたデバイス名に合わせて/etc/devfs.confを修正する。

そのままだと一般ユーザはアクセス出来ないので。

上記の結果を見ると、/dev/cd0が狙いのCD(DVD)ROMドライブなので、devfs.confでパーミッションを変える。

FreeBSD GNOME FAQにあるとおり、0666にするのもよいが、ここではoperatorグループに自ユーザを加え、root:operatorに0660にした。

その他にxpt0, pass0も同様に。

$ tail /etc/devfs.conf
#####
own	cd0	root:operator
perm	cd0	0666
own	acd0	root:operator
perm	acd0	0666
own	xpt0	root:operator
perm	xpt0	0666
own	pass0		root:operator
perm	pass0		0666
own	msdosfs		root:operator
perm	msdosfs		0666
$ grep operator /etc/group
operator:*:5:root,ore
<リブート>
$ ls -la /dev/cd0 /dev/xpt0 /dev/pass0
crw-rw----  1 root  operator    0,  92 12 21 23:52 /dev/cd0
crw-rw----  1 root  operator    0,  91 12 21 23:52 /dev/pass0
crw-rw----  1 root  operator    0,  90 12 21 23:52 /dev/xpt0

GNOMEだったらこれで行けた。XFCE4だったらダメ。

No tags for this post.

sound-juicerがCDドライブを見つけてくれない件

Pocket

gripはまったく問題ないのに、sound-juicerだとCDドライブを見つけてくれない。

ググっても分からないので聞いてみることにする。もし解決したらメモでもしてみる予定。

追記

解決した。

No tags for this post.

山・動く―湾岸戦争に学ぶ経営戦略

Pocket

湾岸戦争の兵站を支えた人のお話。

戦争でまったく目立たない後方支援が詳しく書かれていてたまらない。

すさまじい兵員や物資を、短時日のうちに地球の反対側に運ぶ。しかも先方にはまったく受け入れ態勢が整ってないとか狂気の沙汰。

今日決まっている事が明日になったら変わることだってある。確実な事は何もない。

そんな状況でも無事に遂行できたのは、あらゆる可能性を考慮して手を打ってたからなんだと。恐れ入りました。

経営戦略とかは、まあどうでもいいや。

No tags for this post.

FreeBSDでリムーバブルメディアを自動マウントさせるには

Pocket

今日の今日まで、FreeBSDにCDとかDVDとかUSBメモリを自動マウントすることができなかったが、思わぬ落とし穴に気がついたおかげで、なんとか達成できたのでメモ。

基本、このへん(FreeBSD公式サイト)を見ながら作業する。

当然、GNOMEとかXFCE4の構築まで済んでる前提で。(もちろんhal, dbusも動いている前提で)

やること。

1./etc/fstabの編集

 /dev/acd0をコメントアウト

 procfsを書き入れて、mount。

 /etc/fstabの例(デリミタ(区切り)はタブ)

#/dev/acd0		/cdrom		cd9660	ro,noauto	0	0
proc			/proc		procfs	rw		0	0

 このあとsudo mount /procする。

2./etc/devfs.confの編集

 以下の行を追加(デリミタ(区切り)はタブ)

 そして、ああなんと、俺が今まで自動マウント出来なかったのは、区切りをスペースにしてたのが問題であったよ。

perm    cd0     0666
perm    acd0    0666
perm    xpt0    0666
perm    pass0   0666

3./usr/local/etc/PolicyKit/PolicyKit.confの編集

 自ユーザなら何でも出来るようにする。

 セキュリティ上、ナニかもしれないが、自動マウントなんて、個人用のマシンでしかやらないのでオッケーオッケー。

◎編集前

<config version="0.1">
<match user="root">
<return result="yes"/>
</match>

◎編集後(自分のユーザ名がoreの場合)

<config version="0.1">
<match user="root|ore">
<return result="yes"/>
</match>

4./etc/sysctl.confの編集

これは必須ではないけど以下を追加。

vfs.usermount=1

んでrebootすればOK。

No tags for this post.

freebsd-updateでメジャーバージョンアップは辛い件について

Pocket

7.2-RELEASEのマシンを8.0-RELEASEに上げようとfreebsd-updateを使ったのだが、とにかくダウンロードとダウンロード前のチェックに時間がかかるのと、何よりも/etc配下ファイルのマージが地獄。

8.0のISOイメージをダウンロードしてきてアップグレードした方がはるかに早いと思った。

No tags for this post.

DVDイメージファイルをマウントしたらファイル名が8文字に縮まった件について

Pocket

リップしたDVDのイメージをRedhat Linuxでmount -o loopにてマウントしたところ、なぜかファイル名が8文字しか表示されなくて難儀した。

結論から言えば、ISO9660イメージ(要するにCD)として認識されているのが問題なので、横着しないで-tオプションでUDFイメージであることを伝えればよい。

Linuxでの実行例

# mount -o loop -t udf <イメージファイル> <mountポイント>

Linuxで発生したけどFreeBSDで起こるかは知らない。

つか、そもそも自動で判定してくれない…のか?

No tags for this post.