FreeBSDにさっくりXとXFCE4をインストールする。

Pocket

XFCE4をインストールした。

ついでなのでこの記事のアップデートを兼ねつつXを入れるところからメモ。

条件は以下の通り。

  • GDM、XDM等のログインマネージャは入れません。
  • portsではなくpackagesで入れるので、STABLE、CURRENTだとpackagesがなくてダメかもしれません。
  • RELEASEなら大丈夫のはず。
  • コマンド実行例では、#、または$がコマンド入力行。#の場合はroot権限を示します。

ではスタート。

◎Xのインストール

portsでインストールすると時間がかかるのでpackagesにする。それでもデフォルトだと米国あたりのサーバにftpしてしまうので、設定を変更する。ちなみにftp2.jp.freebsd.orgはftp.iij.ad.jpのことである。

これでXのインストールは完了。

◎Xの設定(前段)

続いて設定。今のXは(そのままだと)HALに依存しているのでhaldを起動する。なおこのとき、mouseデーモンが動いていると問題になるのでmousedは止める。

/etc/rc.confに以下の行を追加。dbusとhaldの順番は必ずこの通りにすること。haldの起動に先だってdbusが動いていないとダメだから。各rcスクリプトには依存があるので注意。

HALのためのキーボード設定を行ったら、HALをスタート。

念のためmousedを止める。(下の例ではmousedは動いていないけど)

◎Xの設定

rootでいきなりstartxとやって素っ気ないtwmが表示されればOK。

画面が真っ暗なままになったら、慌てず騒がずAlt+1とかCtrl+Alt+Backspaceとかする。

そのうえでググる。

昔ならXorg -configureでxorg.confを作るところだが、これが今では曲者で、ろくな設定ファイルを作ってくれない。特にVGAがIntelだったりすると最悪だ

なので、うまく行かない場合にはXorg -configureのxorg.confをベースに、ググった結果を追記したほうがいいと思う。

◎サウンドカードの設定

ここを参照。

◎Xfceのインストール

xfce4のインストール。ついでにVLゴシックフォントも入れる。FEP(て言うのか?)も入れる。今ならuim-gtkとja-uim-anthyでOK。

◎Xfceの設定

普段使うユーザでホームディレクトリの.xinitrcに以下の行を追加。

なお、自ホストのIPアドレスを引けないとXfceの起動時に怒られる。固定IPアドレスならともかくDHCPで自動取得してる場合には127.0.0.1あたりに書いておけばOK。

/etc/hosts(青字が追記部分)

以上。

あとはstartxで起動して、好きなアプリケーションを入れる。

日本語入力に関しては、Xfce4の設定マネージャ>入力メソッドから、全体設定>入力方式の利用準備>標準の入力方式を指定>標準の入力方式でanthyを選ぶ。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください