Fedora Coreと格闘中

Pocket

業務上の必要性からLinuxを勉強しています。

BSD系、Solarisなら勝手が分かるものの、Linuxはまったく知らないので大変です。

今日の日記はただの愚痴です。

ディストリビューションはRed Hat系のFedora Core 4(FC4)を選択しました。

デフォルトのインストールでWMが選択され、しかもそれが重いGNOMEとかKDEなんてディストリは嫌なのですが、寄らば大樹の陰と嫌々ながらも選んだのでした。ネット上の情報量も多いですし。本当ならGentoo辺りに同類の香りを感じるのですが、この際仕方ないでしょう。

さて早速インストールを試みると、驚いたことに最新版の4は起動用のフロッピーイメージがなくCDかDVDのみ。CD-ROMドライブの無いノートに入れるつもりだったので難儀しました。何とかインストールも完了し、鬼門のX設定も完了、GNOMEをfluxboxに変更したところで、apacheを設定してみました。

…動かない。apacheそのものや、トップページは動くんだけど、そこに作成したディレクトリ配下、ユーザのpublic_html配下が見えない。

調べてみると、FC4ではデフォルトで動作するSELinux(Security-Enhanced Linux)モジュールのせい。要するに今までにUNIX系OSにはないセキュリティメカニズムが実装されていたためでした。

Linuxは良く言えば進取の気性に富んでおり、悪く言えば節操がない。

新しい技術を取り込むのにためらいがない。これは俺のUNIX系人生がBSDから始まったからこそ余計にそう思えるんでしょう。

とにかく、新しい仕組みが沢山入ってて、分からないことだらけだ。BSDからSolarisに移ったときより辛い。なまじ他のUNIX系OSに関する知識があるので、思わぬところで足を取られる。

そして、ふとローカルホストにsshを試みたら普通にログインが出来てしまうではないか。しかも鍵認証じゃなくパスワード認証で。

sshd動いているんならリモートから、と思ったら繋がらない。なんか別のアクセス制御がかかっているようだ。

インストール直後の時点でsshd他サービスが起動していて(しているように見える)、だけどリモートからはアクセス制限が有効になっているせいで接続できない。このアンバランスさが不思議。

慣れるには時間がかかりそうだ。

No tags for this post.

One comment

  1. がんばっておるな。こちらも遠くないいつかにLINUXは頑張るとして。。。

    久しぶりに貴様の技術者人生が垣間見れて大変喜ばしいのだが、黙々と試行錯誤している様を見ると、貴様の新婚生活の危機を感じるのだ。

    このアンバランスさがアンフィニ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください